美容費の節約

〈美容室〉髪を切るときの失敗しない頼み方

美容室のオーダーって難しい。
年々そう思います。

今回は髪を切るときの失敗しない頼み方についてまとめました。

〈美容室・失敗しない頼み方〉事前にしっかりとイメージする

髪を切るときの失敗しない頼み方、カギは事前の準備にあります。

まず、お店に行く前にこんなことを自分に問いかけてみましょう。

  • どんな状態が失敗?
  • 今ある髪の悩みは?
  • クセ、気になっていることは?
  • バッサリ切りたい?切りたくない?

ひとつひとつみていきましょう。

〈失敗しない頼み方①〉どんな状態が失敗?

「こうしたい!」とはなかなか思い浮かばないけれど、「これはイヤ!」ならでてきませんか。

今までのカットを思い出し、鏡をみたとき残念に思ったことを並べてみましょう。

前髪は作りたいけれど、パッツンはイヤ。
ちょっと伸びただけですぐに襟足のくせ毛が出てきちゃった。
前髪が思ってたより短かったな。

などなど。
今までの不満ポイントから、失敗カットを回避していきましょう。

〈失敗しない頼み方②〉今ある髪の悩みは?

10代、20代、30代…常に、常に、髪の悩みってありました。
でも、年齢とともに髪の悩みは変わるもの。

現在の髪の悩みはありますか?
ひょっとしたらカットで解決するかもしれませんよ。

わたしは髪のボリュームがなくなったこと、後頭部を毎回アイロンでフワっとさせないといけないこと、輪郭と髪型のバランスが悪いことが気になっていましたが、すべてカットで解決しました。

毎朝のスタイリングで、手を加えないといけないポイントを見直してみるのもいいですね。

〈失敗しない頼み方③〉クセ、気になっていることは?

髪のクセの解決方法は、2パターンあります。

  1. クセの部分を大きくカットする
  2. クセを活かす髪型にする

わたしはずっとカットしてもらっていたのですが、10代のころにはじめて行った美容室で「このクセは、活かさない手はありませんよ」
と言ってもらえて、さらにとっても可愛くカットしてもらったことがあります。

けっこう目から鱗な体験でした。

クセはカットするか、活かす方法はないか、当日美容師さんと相談しながら決めるのもいいですね。

〈失敗しない頼み方④〉バッサリ切りたい?あまり切りたくない?

ここもぼんやりしたまま決めかねて美容室に行っても、あまりいい結果にならないポイントかと思います。

美容師さんに「今日はどうしますか?」と聞かれて「う〜〜ん…」と考え込んでは、美容師さんも困ってしまいますよね。

完成イメージははっきりしていたほうが失敗から遠ざかりますから、せめて「長さを保つか」「短くするか」は決めておきましょう。

長さを決めておくと、ヘアカタログをみたときにピンときやすいです。

〈失敗しない頼み方⑤〉それでも決まらないときは当日相談してみよう

もちろんどうしても決まらないときは、当日美容師さんに相談するのもあり。
一番最初に紹介したように、「こういうのはイヤです」というポイントを伝えながら、カタログをみつつ一緒に決めるのも楽しそうです。

ちなみにホットペッパービューティーだと、予約の時点で相談したいことを書く欄があるのでおすすめです。

〈美容室〉髪を切るときの失敗しない頼み方|まとめ

美容室で髪を切るときの、失敗しない頼み方についてまとめました。

  • どんな状態が失敗?
  • 今ある髪の悩みは?
  • クセ、気になっていることは?
  • バッサリ切りたい?切りたくない?

こんな感じで、行く前にイメージをかためておくと、失敗しにくいんじゃないかなと思います。

ぜひ、美容室でのオーダーの参考にしてみてくださいね。

 

ABOUT ME
こうめ
ミスドのカフェオレが好き